結婚式での適切なご祝儀袋の選び方

色や形、デザインも送る相手によります

基本的には白がベスト

結婚式に着用するウェディングドレスや白無垢に代表されるように、結婚するという事は相手の家の人間になる。
真っ白な状態から相手の家の色に染まりますという意味合いがあり使われている色ですから、お祝いも白が基本です。
水引は紅白の物から金銀の豪華な物まであります。
水引にも意味があります。
水引とはお祝い金を包む紙を結ぶ飾りひもの事を言います。飾りひもの数は奇数が基本となっています。
結婚のお祝いの場合10本の物を使う事が多いようです。
1人5本、二人の喜びを合わせて二倍になるように。あるいは、夫婦二人で一つになるという意味合いがあります。
のしも、昔は閉じるとピッタリ合わさるアワビを薄くのばしたものを使っていたためのしアワビを指揮しに包んで使用していたことから使われていますのでこちらもつけておくことがベストです。

結び方にも意味があります

代表的な物が「結び切り」結婚や病気、災害のお見舞い、快気祝いなど、重ねて起きてほしくないお祝い事に使用する結び方になります。
「あわじ結び」も良く使われます。
結び目は穏やかな物ですが、両端を引くとさらに固く結ばれてほどけないのがこの結び方。
結婚する二人が硬く結ばれ離れる事がないようにの願いが込められています。
簡単に結べるちょうちょう結び(花結び)は出産祝いなどの何度も繰り返して喜びたいお祝い事の時に使います。
結婚はできるなら一生で一度…というのが理想ですから結婚式には不向きです。
それぞれの結び方に意味合いがありますので意味を理解したうえで使用していきましょう。
何も知らずに相手にとって失礼な物を送ってしまっては大変ですからね。


この記事をシェアする