結婚式での適切なご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋を選ぶマナー

縁起を重んじます

1万円から3万円位の金額を入れる場合「結び切り水引」の付いたものか「あわじ結び」が基本の形になります。
これはコンビニエンスストアなどでも売っているので皆さんよく目にするタイプの物ですね。
手に入りやすく手軽に用意できるので便利ですが、金額が高額になるようでしたら避けておきましょう。
3万円から5万円位包む予定なら、金銀の「結びきり水引」の基本形を選びましょう。
表書きの部分が短冊ではなく壇紙(波型に織り込まれているもの)は格の高いご祝儀袋ですよ。
それぞれ日本古来の縁起を重んじた形になっていますのでその意味合いも勉強しておくと役に立ちます。
自分の気持ちを込めるものになりますから、それぞれの意味が分かったうえで選ぶようにするとより相手に気持ちが伝わりますよね。

5万円以上は豪華な物にしてみましょう

親族や本当に近しい人、親しい方へのご祝儀は高額になりますよね。
中に入れる金額が高額になるのだからご祝儀袋も格の高い立派な物にしましょう。
華やかな飾り結びの「結び切り水引」のご祝儀袋を選びましょう。
もちろん素材も上質な和紙が使われているタイプの物を選ぶとよいでしょう。
飾りも鶴や亀などの縁起物が描かれている物も素敵ですよね。
どちらも末永く幸せにという気持ちが込められた縁起物になりますのでキャラクターよりもそちらを選ぶ方が気持ちが伝わりますよ。
大体5万円以上のご祝儀を用意するのは親族などの本当に近しい人です。
変わって1万円から3万円の場合は知人程度の方。それぞれ気持ちが伝わる金額を包むことになりますので注意が必要です。


この記事をシェアする