結婚式での適切なご祝儀袋の選び方

結婚式での適切なマナー

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

ご祝儀袋を選ぶマナー

招待された結婚式の相手によってご祝儀を渡す金額も変わってくると思うのですが、中に入れる金額によって袋も変えるって知ってましたか? 少ない額しか入っていないのに立派な外見の袋に入れていては相手に失礼に値します。 しっかり中に入れる金額と合っている物を使うようにしましょう。 続きを読む

ご祝儀で相手に渡す金額によって袋も違うんですよ

結婚を祝うために渡すご祝儀。
それを入れる袋は最近だとコンビニエンスストアなどにも売っているので見たことがあると思いますが、色々な形や色、デザインの物があると思いませんか?
どれを使っても失礼に値しないというわけではなく、きちんとしたルールがそこには存在していますのでしっかり覚えておきましょう。
ご祝儀袋の格は金額と釣り合うようにしておきましょう。
大体中に入れる金額の1/100位の値段の袋を選ぶとよいでしょう。
例えば3万円以下しか中に入れないのに、袋だけ高価なものを使うのはマナー違反になります。
もちろん、大きな金額を包む場合はそれに見合った格の袋を用意するようにしましょう。
見栄を張って金額が少ないのに豪華なものにしてしまったり、大きな額が入っているのにそのへんに売っている簡素な袋では相手にとても失礼ですよ。
また、水引などが付いたものを選ぶ場合は一度結んだらほどけない物を選ぶようにしましょう。
色も紅白の物や金銀の物など祝いの席にふさわしいものを選ぶようにします。
最近ではキャラクターの付いたものなどもありますが、送る相手が近しい方で仲の良い方ならよいと思いますが、ある程度距離のある方なら避けておきたいところです。
ごく一般的な物を選んでおくとマナー違反になることが少ないですよ。
せっかく祝いの気持ちを渡すのですから、相手にしっかりその気持ちが伝わるようにしておきましょう。
大体、先輩や上司の場合ですと白色の物を使うようにしましょう。

色や形、デザインも送る相手によります

ごく一般的な物が白色の物。 デザインも派手なデザイン性の高い物は友人や親族など、気心の知れた相手なら大丈夫ですが、会社関係などの方には不向きです。 また、のしや水引の付いたものを使うようにしましょう。 水引は決まりがありますのでしっかり確認して結婚式に使用しても失礼のないものを選びましょう。

続きを読む

やはり気持ちが伝わるのが一番です

相手の結婚を祝う気持ちが伝わるように送るのがベスト。 色々決まりはありますが、最終的には気持ちが伝わることが一番。 しっかりルールに沿ってお祝いの気持ちをたくさん入れておきましょう。 一生に一度のお祝い事です。 これから先の楽しい未来のために祝いの気持ちを込めてご祝儀を贈ることにしてみてください。

続きを読む